山形から全国に歯科技工物を ソフトレジン床義歯

幅広い適用範囲を持つ入れ歯「ソフトレジン床義歯」

ソフトレジンデンチャーの特徴

ソフトレジンデンチャーの特徴

通常の入れ歯ですとあたって痛い、歯ぐきや顎の骨の出っ張りがぶつかって入れておけない 方に適しています。歯ぐきの土台がほとんど無い人にもお勧めです。
ソフトレジン義歯床は体温によってやや柔らかくなり歯ぐきになじみ吸着を増し通常の入れ歯 より咬めるようになります。レジン床義歯に軟性樹脂の材料を裏打ちして製作します。

ソフトレジンデンチャーのメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 痛みなく咬める(ソフトレジン)
  • 従来の軟性義歯より調整が容易
  • 汚れやすい
  • 劣化しやすい為、毎日の清掃が必要
ソフトレジデンチャーの適用ケースや詳細
  • ソフトレジンデンチャーにはベルテックス ソフトNFを使用(白水貿易製)
  • ソフトレジンデンチャーは軟性樹脂で接着剤不使用
  • 従来の軟性義歯よりも調整が容易

レジン床義歯・ゴシックアーチのご相談・ご発注・お問い合わせはこちらから お問い合わせフォーム